P1060603P1060609

ATのオイルパンを外すとバルブボディが見えてきます。

P1060613

配線コネクターを壊さないように丁寧に外し、バルブボディを取り外します。

P1060563

変速ショック対策済みのバルブボディです。これを取り付ければ完成。

P1060603

ATFの注入口は赤いキャップのところです。赤いキャップは注入口キャップが抜けないようにするためのロックです。

ここからATFをオイルポンプなど使って注入するわけですが、勢い良く入れるとすぐに溢れでてしまうため、ゆっくりと少しずつ注入していきます。これがなかなか時間かかりますね。

作業が終わって、試運転。とても調子の良いトゥーランが蘇りました。

なお、対策済みのバルブボディは、いくつかの改良もされているようで、シフトフィーリングは新車時のようになります。今回は、この他に、ドライブシャフトブーツの交換と車検を行いました。

トゥーランのドライブシャフトブーツは分割タイプの設定がなく、さらにとても硬いので、またすぐに割れてしまうようです。

実施工場 M.Kファクトリー